コンサートでお話しすること

2021年08月14日

本当に私はまとめて考えて用意しておかないと何事もへたっぴなのでまとめます笑

コンサートでお話しすること
コンサートでお話しすること

■自己紹介
グループの紹介も。燈手鞠やずきもちの名前の由来とか、覚えてもらいやすくするお話とか。難しい。「覚えてもらいやすい&聞きやすい」って考えると【元永】ってしっかり言えれば結構便利ね。燈手鞠の字の説明とかも。


■楽器紹介
やっぱり、箏や尺八に馴染みのない方に、楽しく知ってもらいたいので楽器紹介。これも一言くらいで言いたいなあ。「竹でできてる」「フルートみたいなエアリード」「穴が5個」「息や首で音を変える」「歌える楽器」この5個かなあ…


■曲紹介
こちらも考えもの。結局は聞いてもらうのが1番。でもまず「何をどう聞いたらいいかわからない」ということもあるので、【楽しく聞けるようになる曲紹介】を作りたい✨


■宣伝/ 活動紹介
映画館の予告みたいな笑 【次の演奏をお知らせ】【いつでも聞ける媒体(Youtubeなど)の紹介】【新着情報はどこどこでみられる】この3点。そうなると『ビラとカード』があると便利だなあ。


■会場について
会場の名前はもちろん、例えば飲食しながら音楽を聞けるお店なら「おすすめのメニュー」だとか、「普段どんな催し物をしているか」とか。私は音響にもガンガン興味持ってるので、どんな音がお客様の元に届いているのかも解説してみたいです(^O^)/


■企画について
画像の《夏祭り in和音堂》みたいに、イベントに参加して演奏することも多々あります。その場合はどんなイベントなのか。その中で自分たちはどういうパートなのか。という説明があると、イベントにまとまりが出て楽しいと思います。《夏祭り in和音堂》、一貫して《夏祭り!!》って感じで良かったなあ。


■共演者さん/ 次のグループさんについて
イベントに参加している他のグループさんの紹介も是非組み込みたいところ。前に演奏されたグループ。そして最後には「次はギター&ボーカルのはもンズさんです!!」などしっかり引き継ぎ。


終わりに

情報量多いなあ。やっぱりそれぞれのコンサートで「何を1番伝えたいか」を明確にしないとちょっと印象に残りづらいコンサートになっちゃうか。

しっかりトークも練習して、いいコンサートを作りたいと思います🌱

明日はブログ定休日✨ また火曜日にお会いしましょう‼️


京都の尺八奏者ー元永泰輔(Motoshakku)


尺八小論TOPへ↓