再編、音楽の授業 vol.0

2021年05月25日

大学から音楽/尺八を始めて、今が1番楽しいです。それはきっと【演奏/録音/音声編集/作曲/編曲/動画編集/画像編集】全てを自分でやれるようになったからだと思います。しかも全部やることで、演奏が爆速で上達するというメリット付き。

小学生の頃から音楽を聴くのは好きでしたが、未だかつてこんなに頭でも心でも音楽が好きだと感じることはありませんでした。

この気持ちもチャンスも、本当にちょっとした一歩から手に入れることができたんです。ひょんなことから楽器を始めて、ちょくちょく続けて、演奏会に出る。多分ここまでは誰しもたどり付きますが、ここから先の一歩がなんだか大きく見えて踏み出しづらい。

でもその一歩を踏み出したら、すんごく楽しい世界が広がっています。子供の頃から音楽をやっていなくても、です。

大学の頃の自分に伝えたい。「お前は早くギターと一緒に演奏しろ」「スタジオ行って店員さんにレコーディング方法を教えてもらえ」「リズム感と音感鍛えとけ」「MacBookとLogicProとAdobeとっとと買え」「Youtubeに動画投稿しろ」「SNSで発信しろ」…

そこで、学校の音楽の授業では習えない、「より音楽を楽しむ為の授業」を全10回の講座にまとめてみようという企画がこの《再編、音楽の授業》シリーズです🎵

演奏してみた動画の作成、音楽をより楽しむ為の機材、音楽の様々な聴き方、あると便利な音楽力、どんな楽器にも通用する上達方法…などなど。

荒削りですし途中で内容が変わるかもしれませんが、ひとまずvol.0では全10回の概要を紹介いたします✨

尺八奏者ー元永泰輔、渾身の15講義
尺八奏者ー元永泰輔、渾身の15講義

1、音楽は何で出来ているか

メロディ/リズム/ハーモニーについての講座。何で出来ているかがわかれば、何を鍛えたらいいのかが一目瞭然。演奏上達、作曲、編曲に《すぐ実践で使える》知識を抜粋して紹介していく予定です。まあ本当は全部実践に使えるんですけれど、入門編ということで!


2、音楽が生まれる時

楽譜や作編曲についての講座。私自身は大した曲は書いていないのですが、それでもやっぱり楽しいものです。尺八譜を五線譜に直すだけでもとっても良い練習にもなりますし。音楽が可視化され、再現性が強化されるのも楽譜のおかげ。しっかり使いこなしたい章です。


3、音楽と空間

コンサート、音響やマイクについての講座。人の耳はすんごい高性能で、楽器から直接出ている音/反響している音を全て同時に処理して聞いています。マイクはそうでもなかったり。だからこそコンサート会場の音響というのはすごく大切。というようなお話はこちらです。


4、音楽が【カタチ】になる時

録音や音声編集についての講座。普段我々はCDや動画の音声データを聞いているわけですが、それはどうやって作られているのか、と言うお話。録音方法によって、音声編集によって、同じ演奏でも同じとは思えないほどの変化がここで起こります。


5、総合芸術の1パートとしての音楽

舞台、映像に使われる音楽や動画編集についての講座。現在、インストやオーケストラは映像作品での活躍が著しいです。また、舞台で歌われ演奏される曲もまた《総合芸術の1パート》。物語が付随することで、より心に残る音楽が誕生します。


6、SNSと音楽

Youtube、Instagram、Twitter、ツイキャス。様々なSNSで音楽が発信されている時代です。各SNSの活用方法や傾向を研究し、活用するのがこの章。


7、実践編ー音楽力を鍛えるー

リズム感、音感、即興など、楽器力とは別の《音楽力》を鍛える方法をかき集めてご紹介します。私は大学から音楽を始めたからか、この《音楽力》で苦労しています。自分自身の成長のため、そして後進が同じ苦労をしないために、ここはより気愛を込めたいところ。


8、実践編ー理想の音源へー

録音、音声編集の実践編です。機材を揃えるところから丁寧に文章にまとめます。すでにいくつかブログで書いているのですが、より詳しい情報を追加して行くので、お楽しみに✨


9、実践編ー演奏してみた動画作成ー

音声ができれば次は画像/動画編集です。撮影方法、Adobeや他のアプリの紹介など、実際に作る手順を詳しく記載。Youtubeのチャンネル運営についても触れていこうと思います。


10、最終章ー音楽の先へー

私の夢は【自分の映画作品を作ること】です。上記の音楽の授業をまとめながら、自分で実践することでクオリティの高い演奏/作品作りができるようになったら。次は【映像作品】を作りたいと考えています。ここで発表できたらいいなあ。


終わりに

今日はとても大雑把な【概要】の紹介でした🌱

それぞれの章で本が一冊書けてしまうぐらいのボリュームですが、ちょくちょく書き進めて行きたいと思います(^O^)/

明日は何を書こうかな?


京都の尺八奏者ー元永泰輔(Motoshakku)


尺八小論TOPへ↓