尺八きくなら‼︎ Vol.7

2021年06月23日

やって参りました《尺八きくならシリーズ》!!

本日ご紹介する曲は…

  1. 詩曲/ 長澤勝俊
  2. 夏祭り/ Whiteberry
  3. 島唄/ THE BOOM

こちらの3曲です🎵 早速行ってみましょー(^O^)/

尺八きくなら‼️ Vol.7
尺八きくなら‼️ Vol.7

1、詩曲/ 長澤勝俊

つぶやき:

尺八独奏曲の名曲✨ 中でもこの詩曲は、フルートと尺八の中間あたりを見事に突いた曲だと思います。どちらで演奏しても素敵です。曲の中間部分のタンギング続きは圧巻。メロディ部分や運指が早い部分は、尺八で演奏するとかっこよく/ フルートで演奏すると華麗なイメージです。

フルートも尺八も同じエアリード楽器。ですが音色や得意なことが違います。フルートは尺八ほど【音程と音程の間】を滑らかに表現することはできないですし、尺八にはフルートの【全音安定した音程】【息が音になる効率】がありません。

たとえ同じ曲を演奏したとしても、そこには【違い】が必ず生まれて、聴き比べがとても楽しいのです🌱


作曲年代: 1969年

尺八寸法: 1尺8寸(D)管 たまに音源で1尺6寸管だったりするので、どちらでも?

演奏動画: https://www.instagram.com/p/B4MrUJ3HuSO/?utm_source=ig_web_copy_link
※古い動画です。新しく収録して公開予定!


2、夏祭り/ Whiteberry

つぶやき:

私が思春期真っ只中の時に聞いていた曲です笑 2000年ということは10歳の時!!

思いっきり5音階の曲なので、尺八で演奏するにはもってこいの曲です✨ ギター部分を尺八の激しめスタッカートで「だだだん だだだん」と演奏するのもかっこいい。

現在はコロナ禍で、地域の公園の夏祭りもきっとやりにくいんだろうなぁ… 夏祭りの思い出は中々貴重で、大切な気がするので、100年後もこの曲ごと日本に行き続けて欲しいです(^o^)

是非原曲も聴いてみてください💐


作曲年代: ジッタリンジン-1990年 Whiteberry-2000年

尺八寸法: Whiteberryは2尺管(♭4つ、Fマイナー)

演奏動画: https://www.youtube.com/watch?v=tcTnEXM3pyw


3、島唄/ THE BOOM

つぶやき:

沖縄のことを唄った名曲です。何故《沖縄の曲》と言わないかと言うと、曲名を巡って色々あったからです。『島唄』という言葉はその島の方々にとって元々は国歌みたいなものだったらしいのです。和楽器で言ったら『六段』という題名でまったく違うジャンルの『六段っぽい曲』が爆売れしてしまった、みたいな話です。結構大変。認知度上がって、原曲を聴いてくれるひとが増えるならそれもいいとは思いますが…難しい問題です。

歌詞には沖縄の美しい自然が歌われているのですが、深堀りすると戦時中のことを表現していたり。是非youtubeなどで調べてご自身で確かめてみてください。

こちらも5音階で、尺八で吹くとぴったり🌺


作曲年代: 1992年リリース

尺八寸法: 原曲はEメジャーでG♯管ですが、あまり無い管なので転調して演奏しましょう✨

演奏動画: https://www.instagram.com/p/CM7X_bpA2TJ/?utm_source=ig_web_copy_link
※こちらも近日、新しく収録して公開予定!


終わりに

  1. 詩曲/ 長澤勝俊
  2. 夏祭り/ Whiteberry
  3. 島唄/ THE BOOM

こちら3曲をご紹介しました🎵

明日は何を書こうかな?


京都の尺八奏者ー元永泰輔(Motoshakku)


尺八小論TOPへ↓