尺八の収録#4 -スケジュール-

2021年05月04日

いくら本を読んでも、結局経験してみないとわからないもので。セルフレコーディングを5回経験して、やっとセッティング/収録/素早い片付けに慣れてきました😊

西院スタジオラグのスタッフさんに教えて頂かなければさらに遅かったでしょうし…
本当にありがとうございます🙇‍♂️

そこで今日は《セルフレコーディングはこういうスケジュールがいいんじゃないかなあ?》という時間割のお話です。

人間のガチの集中力は1時間程度。スタジオを3時間取ったとして、ずっと集中しているのは難しいです。「お金がかかってるんだから、休憩時間入れるなんてもったいない!」と思われるかもしれませんが、その気持ちは逆効果です。

では早速、セルフレコーディングのスケジュールはどんなものか見てみましょう🌱

  1. セルフレコーディング全体の流れ
  2. セッティングはたっぷり時間をかけて!
  3. 曲の長さと回数を意識しよう
  4. 片付けは早くかつ丁寧に

行きましょっ(^O^)

収録はセッティング、命!!
収録はセッティング、命!!

1、セルフレコーディング全体の流れ

まずは全体の流れを把握しましょう✨

色々な収録方法があると思いますが、今回は《マイク×4、カメラ×2》の場合です。
内容と所要時間を箇条書きしていきます❗️


ー前日までー

  • しっかり練習:∞
  • スタジオを3時間予約する


ー当日ー

  • 機材を用意して、スタジオへ:移動時間
  • スタジオ着、セッティング:1時間前後
  • 1時間経っているのでちょっと休憩:5分ほど


ー収録開始!ー

  • 曲の長さが5分だとして、4回やって20分。
  • ちょこちょこ修正と休憩を入れる:4回+修正+休憩=30分
  • 30分×3セット:1時間30分


ー撤収ー

素早く丁寧に撤収:30分〜25分

帰宅:移動時間


「レコーディングには時間がかかりそう…」というイメージがあると思いますが、全体でかかる時間に関してはそのとおり。ですが【吹いて録音している時間】というのは意外と少ないのです。

さらに言えば、スタジオにいる時間も1日に3時間〜5時間が限界です。お金の面もありますが、集中力の問題がもっと深刻。4時間超えたあたりからわけのわからんミスを連発し始めます。そりゃそうです。5分の曲だとしても、3時間の時点で12回吹いてますから💦

もちろん期日がなければ何度でも同じ曲を繰り返しますが、やはり一発で決めたいのが人の性。たっぷり練習してから挑みましょう🌸

全体の流れがわかったところで、次は当日に気をつけることを3点紹介します。


2、セッティングにはガッツリ時間をかけて!

スタジオを3時間取って、その1時間はセッティングに使います。これがね、1時間でもギリギリなんです…
もう少し慣れれば55分でいけるのかな?

何をしているのかというと


・機材準備

カメラを三脚に取り付けたり、PCーA/IFーマイク×4を繋いだり、反響を防ぐ為にドラムをよけたり。ここはもうひたすら素早くできるところです。

・機材設置

実際に収録する位置にマイク、カメラを設置します。これも1回「こういうふうに録る!」と決めてしまえば大体の位置にささっと置けますが、ちょっと違えば音も画角も変わるので、次からが大変です。

・マイクのゲイン調整

合計4個のマイクの【音をどれだけ拾うか】ゲインを調整します。尺八は特に音量差が激しいので、最大音量が割れないかをひたすらチェックです。これがもう緻密な作業で…

・カメラの画角調整

こっちはゲインよりは楽です笑
注意したいのは、アップしすぎないこと。収まっていればあとあと編集できますが、はみ出していたらどうにもなりません😂


この4点を準備していると、1時間あっというまに過ぎますが焦らなくとも元々これくらいかかります🌱なんならセッティングが終わったら1回休憩をかましましょう💪


3、曲の長さと回数を意識しよう

全体の流れの時にも書きましたが、5分の曲だとしても2時間で12回ほど吹くことになります。10分の曲を6回とほぼ同じと考えると、リサイタル1回やってるようなモノです。

何度も言いますが、人間の集中力には限界があります。さらに言えばスタジオを長くとればとるほど「まだ○時間あるから大丈夫」という思考に陥りがち。

本当に時間ギリギリの【最後の1回】がめちゃくちゃな集中力を発揮したりするので、
おすすめはスタジオ3時間中【準備1時間】【録音1時間30分】【片付け30分】です。


4、片付けは早くかつ丁寧に

準備に1時間かかる収録です、片付けもそれなりに時間がかかるので、30分は時間をとります。

コンデンサーマイクの片付けや、PCからUSBをはずす時、コードを綺麗に巻くなど、気をつけないといけないところはしっかり気をつけて素早く片付けましょう。

スタジオですと次の方が控えていたりもするので、来た時と同じくらい復旧させて出ないとスタッフさん困っちゃいます。そして機材も多いので、忘れ物にはご注意を🌟


終わりに

今日はセルフスタジオ収録のスケジュールを書きました✨

まとめてみると、セルフじゃないスタジオレコーディングがいかに助かるかわかりますね💦
上記スケジュールで最も時間を食う《マイク設置》《ゲイン調整》《録音機材の片付け》をスタッフさんがやって下さり、演奏にもっと集中できるなんて素晴らしいじゃないですか…

宅録できる環境の素晴らしさもわかります。一部屋レコーディング専用部屋にしてしまえば、機材置きっぱなしでいいですもん…❗️

しかしセルフスタジオレコーディングのおかげで、スタッフさんに教えてもらってパワーアップできるのもまた素敵なことです(^O^)/西院スタジオラグのスタッフさんに感謝を込めて。

明日は何を書こうかな?


京都の尺八奏者ー元永泰輔(Motoshakku)


尺八小論TOPへ↓