更に音声編集: オートメーション

2021年06月30日

音声編集: 概要編では整音して大体の音空間を作るところまでやりました。今回は更に細かい音声編集をご紹介します✨

その名は【オートメーション】。日本語にすると【自動化】でよくわかりませんが、【音源を流しているときに自動的に音量やエフェクト量を変更してもらえるように設定するところ】と訳するとちょっと掴めると思います。

「ここだけ音量小さくできないかな」「イントロだけ雰囲気変えたいな」「ギターソロはギターだけだからもっと音量足せるんだけどなあ」こういった要望を全て叶えてくれるのが【オートメーション】です🎵

  1. ボリュームのオートメーション
  2. EQやリバーブのオートメーション

できると便利なこちら3点、行ってみましょ🌱

オートメーションの画面
オートメーションの画面

1、ボリュームのオートメーション

「ここだけ音量小さくできないかな」「ギターソロはギターだけだからもっと音量足せるんだけどなあ」「フェードアウトさせたいなあ」これらを実現できるのがボリュームのオートメーションです。

掛け方は色々ですが、大雑把に説明すると


■オートメーションの設定場所:

・トラックにかける
・リージョンにかける

トラックにかけた場合、リージョンを移動すると音声にオートメーションがかかる場所が変わります。例えばトラックの10小節〜12小節のところにオートメーションを設定したとすると。リージョンを動かしても設定したオートメーションはずっと10小節〜12小節にとどまっています。

リージョンにかけた場合は、リージョンを移動したとしても音声にオートメーションがかかる場所は変わりません。


■設定方法: 

・絶対と相対
ボリュームで絶対を選択すると、例えば-10dBに設定していたトラックなら-10dBからいじることになります。相対を選択すると音量をどう設定していても0dBからいじります。明確な使い分けがあると思うのですが、まずは自分のやりやすい方で大丈夫です。

・ひたすらdBをいじいじ
音量波形を見れば1音だとか1小節など、かけたい場所は一目瞭然。場所を特定したら上記の画像のように直線に山を作ったり谷を作ったりです。

・急な変化を作りたいときは曲線にする
画像では直線しかありませんが、例えば+1.2dBから−∞dBの変化を曲線にすることもできます。クレッシェンドやディミネンド【音量変化の予感】【大きな変化】【到達点】が伝わると効果的なので、その場合は曲線にしましょう(^ω^)


2、EQやリバーブのオートメーション

EQやリバーブなどのエフェクトプラグインたちにもオートメーションを設定できます🍃 方法はほぼほぼボリュームのオートメーションと同じ。かけたい場所を特定していじいじです。

先日投稿した"そばかす"のIntroではギターの音をEQで変えて、Intro以降はEQを切ってますので是非聞いてみてください💐

音量もラストサビはわかりやすいくらい上げてます(^o^)

【ずきもちチャンネル"そばかす" URL】
https://www.youtube.com/watch?v=Vv-DXZ2PXpY



終わりに

簡単なオートメーションの紹介でした✨

  • ボリュームのオートメーション
  • EQやリバーブのオートメーション

こちら2点が基本だと思うので、是非一度いじいじしてみてくださいね🎵

明日は何を書こうかな?


京都の尺八奏者ー元永泰輔(Motoshakku)


尺八小論TOPへ↓