機材購入ご提案 ケース1

2021年06月20日

新しく《機材購入ご提案シリーズ》を始めました✨

このシリーズは「マイクを買いたいのだけどどれがいいのかな?」「今、自分が持ってる機材に足すとしたら、何を足せば1番いい?」などの質問やご相談に勝手にお答えするコーナーです(^O^)/

私が勝手に連絡して書かせてもらうことがほとんどだと思いますが、お問い合わせいただいてもガチ答えするので是非気軽にご利用くださいませ💐

  • ご要望/ご予算
  • お持ちの機材/アプリ
  • 現状所感
  • 完成予想図
  • ご提案するお買い物
  • この場合の編集方法

こちらを一挙公開!!早速行ってみましょー!!

機材購入ご提案 ケース1
機材購入ご提案 ケース1

■ご要望/ご予算

演奏会記録をより良くするため、予算5万円でマイクなどを購入してステップアップしたい💐


■お持ちの機材/アプリ

デスクトップPC: 自作ハイエンドPC

ノートPC: DELL G5

カメラ: Panasonic GH5S

レコーダー: TASCOM DR-07MK II、ZOOM H3-VR

動画編集ソフト: Adobe Premiere Pro

音声編集ソフト: Adobe Audition/ Studio One Artist(使っていない)


■現状所感

超優秀なPC/カメラ/レコーダー/動画編集ソフトをお持ちなので、ここに更に音声系を揃えたらとんでもなく良い映像作品が作れます。

カメラGH5Sにはキャノン端子が2つ、48Vファンタム電源付きという化け物のような拡張性もあり、これに直接コンデンサーマイクも接続できます。ですが画角調整(カメラをどこに配置するか)マイキング(マイクをどこに設置して何を録るか)のことも考えると、カメラとマイクは分けていた方が便利です。

確かに、狭いところで宅録をしたりする場合ならこのカメラとコンデンサーマイク2つで収録すれば、爆速で最高峰の演奏してみた動画が出来上がりますが、それだとせっかくの高性能レコーダーが浮いてしまうか、別録りするにしても編集がごちゃごちゃになって大変です。

なので予算5万円で買い足すとしたら【マイク&オーディオインターフェース/周辺機器】【録音機能のついた音声編集ソフト】が良いかと考えます。


■完成予想図1

コンサートホールでの収録を想定した場合です。赤丸で囲んでいるのが今回ご提案する購入する機材。

完成図1
完成図1

・収録できる素材

  • GH5Sで撮った映像(画角1)
  • スマホで撮った映像(画角2)
  • DR07で録れるLRに振る為の音声(トラック1、2)
  • H3で録れる会場の雰囲気全体の音声(トラック3、4)
  • コンデンサーマイクで録れる会場の反響音中心の、全てのパートが混ざった音声(トラック5)

音声を録音する際、なぜこんなにマイクを置くのが良いのかと言う話をすると。人間の耳は【音の源】【反響している音】そしてそれらの音が【どの方向から聞こえるのか】を全て処理して聞けるようになっている超高性能の音声受信装置です。

ですがマイクは違います。どれだけゲインを上げたところで、結局【置いている場所で受信できた音】しか記録できません。1つのモノラルマイクで録音した時、妙にのっぺりで立体感の無い音になるのはそのため。そしてDR07やH3などのステレオレコーダーで録音した音が【実際に近い音に聞こえる】のは、2つ以上のマイクで受信して左右や上下に音が振ってあり、そのおかげで【人間が聴いているのに近い音源】に最初からなっているからです。このことからも、実際聴いているのに近い音源にする為には《たくさんマイクを設置して狙った音を録音し、編集で音量バランスを整える作業》が100%必要なのがわかります。

加えて、なぜ映像は分かれていてもよくて、音声データはオーディオインターフェースと音声編集ソフトでまとめて録音していた方がいいのかというと。単純に【映像同士だとか映像と音声データを重ねる作業】より【音声同士を重ねる作業】の方が圧倒的に手間がかかるからです。例えば上記のDR07とH3を別録りして重ねる場合、録音場所が違うので音が始まるタイミングが若干違います。それを手動で合わせるのはもはや神業と運ゲー。地獄のような作業時間を要します。なので、もうそこは最初からまとまってくれていた方がいいじゃん!というお話です。


■完成図2

同じように、オーディオインターフェースとマイク/音声編集ソフトが加われば宅録でも超効果的に収録できます。

今回マイクが尺八の近くにいるのは、尺八から出ているそのままの音を収録するためです。このように録音して編集すれば、【音の源】【反響音】【どちらの方向から来ているか】全てを網羅できているので、ほぼほぼ実際の音と変わらない音源になります。

宅録やスタジオレコーディングはこれが強みです。コンサートホールでたくさんのパートがある曲を収録しようとすると、会場が広すぎて録りきれない反響音がありますし、マイクが拾いにくい周波数が中心の楽器(十七絃など)がまったく聞こえない、と言う事態が起きたりもします。


■ご提案するお買い物

皆様お待ちかね「じゃあなにを買ったらええのん?」のコーナーです💐


・デジタルミキサー【ZOOM R16】
https://zoomcorp.com/ja/jp/digital-mixer-multi-track-recorders/multi-track-recorders/r16/
¥27.800- サウンドハウスにて

CUBASE LE9がバンドルされているので、これで【オーディオインターフェース】【音声編集ソフト】が揃います!!音声録音/編集はノートPCで十分ですし、持ち運び前提なのでCUBASE LE9はDELL G5にインストールしてください✨

レコーダー接続にはトラックを2つ使うのですが、R16のinputはファンタム電源付きが2つ、他6つの8トラック。H3とDR07、コンデンサーマイクを繋げてもまだ3トラック余裕があります。そこに更にダイナミックマイクを足すのも良し、コンデンサーを足すのも良しです。

私も愛用していて、今のところyoutubeに投稿している作品全てにR16が使われています。


・コンデンサーマイク【AKG P220】
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/199414/
¥12,800- サウンドハウスにて

なぜかAKGは安くて使えるコンデンサーマイクを大量に扱ってるんですよね…

マイクは最終的には好み(マイクによってスペックは一緒でも録れる音が違うので)になりますが、一応スペックは値段と比例します。
※この「スペックは一緒でも録れる音が違う」に関して私は《マイクの形状、スペック組み合わせ、その時の湿度の違いなどを総合した結果起こる現象で、決して「マイクの癖」だとかふんわりした言葉で片付けるべきものではなく、しっかり計算するべき物》だと思っています

しかしこのP220は周波数特性20hz〜20khzで人間とほぼ同じ。インピーダンス(機器接続抵抗によるノイズ)も200Ωで標準。感度は-35dBでコンデンサーとしてはまあ標準。20dB減らせるパッドスイッチもあるので大音量にも対応。ケースも簡単なマウントもついてるので便利です。

この場合の予算5万円内でしたら、5万円近くのAKG C414などの良いマイクを買うより、お持ちの機器を全てを効率的にフル稼働できるようにインターフェースと音声編集ソフトを優先して、コンデンサーマイクはそこそこの物に抑える方が効果的だと考えました。


・周辺機器群

さて残り9,400円ですが、周辺機器が馬鹿になりません。せっかくオーディオインターフェースもマイクも買ったのに、レコーダーやマイクをインターフェースに繋ぐケーブル、マイクスタンドなどがなければ使えません( ;  ; ) 今回必要なのは


ーUGREEN/ オーディオケーブル/ 3.5mm to 6.35mm 変換ステレオミニプラグ/ 5m×2
https://www.amazon.co.jp/dp/B00ZKM3SDO/ref=twister_B07Q6KQYQX?_encoding=UTF8&psc=1
¥2,498- Amazonにて

DR07とH3をオーディオインターフェースに繋ぐのに使います。5mって長くない?いいえコンサートホールだと全然足りません💦


ーUGREEN/ ステレオオーディオケーブル/ 延長オーディオコード 標準3.5mm ステレオミニプラグ/ 5m×2
¥1,798- Amazonにて

宅録なら必要ないですが、コンサートホールだと10m以上確実に必要です。長くすればするほど、延長すればするほどノイズは出ますが、DR07かH3をより自由にマイキングする為にはやむなしです。5万円のマイクを買うより、DR07とH3をフル活用できるようにする方が下手すると良い可能性もあります。


ーCLASSIC PRO/ MIX100 マイクケーブル/ XLRキャノン/ 10m以上 ×1
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/25563/
¥850〜 サウンドハウスにて ※長いほど高いです

AKG P220をインターフェースに接続するのに使います。昔、ケーブルを買った自分に一言言うなら「長いの買っとけ」です笑 ケーブル8の字巻きはちょっと練習すればできるようになって、管理もしやすく、長持ちになるのでおすすめです。是非おググりを。


ーCLASSIC PRO /MSB / ブームマイクスタンド×3
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/25598/
¥1,780- サウンドハウスにて

DR07、H3、P220を設置する為に使います。本当にマイクスタンドは何本あっても困らないです。


ーK&M/ MH2 マイクホルダー/ 有線マイク用×2
https://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/48232/
¥330- サウンドハウスにて

万能で標準的なマイクホルダーです。DR07、H3用。H3は専用のマウントがありそうなので、1つで良いかもしれません。


ーTASCAM DRシリーズ用アクセサリーパック
¥2,550- Amazonにて

もしDR07のアクセサリーパックをご購入でなければ、マイクホルダーに刺す取っ手が無いはず。その場合はこのアクセサリーパックが必要です。


周辺機器の合計17,992円!! 全部で58,592円!!
早速オーバーしてしまいましたが、いくつか持ってらっしゃると信じて✨
※まだアフィリエイト登録してないのでAmazonのまともなリンクが貼れず申し訳ないです💦


■この場合の収録/編集方法

雑音処理のためのプラグインなども購入したいところですが、フリーソフトでも良いノイズ処理をしてくれる物があるのでそちらでいきましょう(^O^)/


・映像、音声を収録する
カメラやスマホで映像を。CubaseLE9⇆PC⇆R16⇆DR07/ H3/ P220で音声をまとめて収録。1番注意しないといけないのは、ゲインが小さすぎてで全く音が入っていない、もしくはゲインが大きすぎてピークに達して音が割れている、この2点だけです。【ピークに達しないけど波形はしっかり見えるくらい】を狙うのが基本です。また、せっかく3つマイクを使っているのに全部一箇所にまとめるとマイクの音質の違いくらいしか録れないので、必ず「近い音を録る」「遠くからの音を録る」などの《ねらい》を定めて設置するのがおすすめです。また、カメラの画角に常に映る必要のない物が映ってるのも問題です。こちらも《ねらい》を定めて、ねらいから外れるものは映らないように調整するのがベスト。


・音声編集

簡単な音声編集作業は以下の通りです

1、CubaseLE9でカット編集して使いたい部分だけにする

2、一度トラックを全て書き出し、無料音声編集ソフト《Audacity》にデータを移す

3、《Audacity》でノイズ処理を施し、ノイズ処理した音声を書き出し、CubaseLE9に移す(Audacityでのノイズ処理は2回か3回かけるとほぼほぼノイズがなくなります。若干音質変化はしますが、それでも微量なので3回までは大丈夫です。)

4、CubaseLE9で各トラックの音量調整をする(DR07で録った音声を小さく、H3を中間くらい、P220を大きめ、という風にすると、ホールの後ろの人が聴いている音に近くなります。ここでも《ねらい》を定めて編集するのが良いです。また、トラックが合わさると音源全体の音量も上がってピークに達して音割れすることもあるので、全体の音量を示すStereo Outのメーターにも注意です。)

5、リバーブを掛ける(リバーブをかけない自然な音がいい!とおっしゃる方もいらっしゃいますが、リバーブは【残響感】で、人間がちゃんと聞き取ってる音です。ということはリバーブがない音というのは人間にとって不自然極まりない音、ということになります。かけすぎはかけすぎで不自然ですが。)

6、出来上がった音声データをバウンス(書き出し)する


・動画編集

1、2カメラでしたらまずはPremiere Proに取り込み、音声波形を見ながらタイミングを合わせます。尺八の指打ちなど、目立つタイミングがあるのでそこで本当にあってるのかどうかを確認できます。

2、タイミングが合ったら、音声編集と同じように使いたいところだけにする為にカット編集。

3、ここで、先ほど書き出した音声データをPremiere Proに取り込み、映像の音声波形を見ながらタイミングを合わせます。

4、タイミングが合ったら、再びカット編集で3つのデータの尺を合わせます。

5、あとはお好みで、2カメラを切り替えたりアップしてみたり。

6、アップロード先に合わせたファイル形式で書き出して完了。


・画像編集

Auditionも使用しているとすればPhotoshopも使用できると思うので、こちらでサムネを作って、全工程が完了です✨

サムネ用に画像を撮るのもありですが、統一感が欲しい場合は編集した動画でサムネに使いやすそうなところをスクショするのもありです。


終わりに

ブログ定休日でしたが、突発的に思いつきで書いてしまいました笑

ちょっとでもお役に立てたら幸いなので、もし機材関連で悩んでいることがある方は是非お問い合わせくださいね💐 ガチ答えしますので。

今日の分、火曜日をおやすみにしようと思います✨
ちょっと勉強のためお休みが欲しいのです(^O^)/ また水曜日にお会いしましょう!!


京都の尺八奏者ー元永泰輔(Motoshakku)


尺八小論TOPへ↓