演奏家と再現家 2

2021年04月26日

"演奏家と再現家 1"では《再現家》について考えましたが、今回は《演奏家》について考えてみます✨

箏/三味線/尺八の世界でしばしば起こる《再現家》と《演奏家》の争い。お互いが理解して尊重しあえれば。ちゃんと自分と相手の立場を認識すれば。喧嘩ではなく健全な議論になるのではと思い、この記事を書いています。

《再現家》とは
ー【過去の特定の音/吹奏手順/曲目を最高の演奏とし、それを目指して演奏している奏者】

《演奏家》とは
ー【過去の演奏を参考に、自分なりの解釈で演奏している奏者】

古典は再現家/現代曲は演奏家、というように曲によって変わる奏者さんももちろんいらっしゃいます。そして「あなたは再現家だー!!」「演奏家は古典はやらねー!!」などと子供じみた決めつけをする気もありません。どちらが正しいかなんてこともありません。

私は、両方いないといけないと考えています。

それでは

  1. 《演奏家》の強み
  2. 様々な尺八を使いこなす《演奏家》
  3. 《演奏家》はオールジャンル対応指導?!

こちら3点、行ってみましょー(^O^)/

《演奏家》元永泰輔
《演奏家》元永泰輔

1、《演奏家》の強み

【過去の演奏を参考に、自分なりの解釈で演奏している奏者】。その強みを3つご紹介しましょう🌸


・【みんな違ってみんな良い】を突き進める

《再現家》が過去の演奏を至高としているのと比べ、《演奏家》は「あぁ、その吹き方もありだよね」とおおらかです。自分の感性を磨いて、その感性で良しと思ったものは取り入れる。

例えば尺八独奏曲の”竹籟五章”は山本邦山先生/横山勝也先生/酒井竹保先生/三橋貴風先生など、錚々たる名手が演奏しています。《再現家》ならば自分に所縁のある先生の演奏完コピを目指しますが、《演奏家》はそれぞれの演奏の、良いと思った部分を自分の演奏に組み込みます。


・新しい音楽/可能性を作り出す

尺八奏者ならば誰でも一通りの古典曲を勉強/演奏しますが、《演奏家》は新しい音楽にも貪欲。作曲家の新作、JAZZや西洋クラシック、POPS、ロック、他国の民族音楽、さらには書道や茶道とのコラボレーションなど、ガンガンに取り組みます。

演奏する曲が増えればその分演奏できる場所も増え、そこで必要になったJAZZのアドリブ、マイキングやミキシング、映像制作に必要な【魅せ方】など、いままで尺八が経験していなかった知識を溜め込む《演奏家》。

フルート/ヴァイオリン/ピアノなど西洋音楽には当たり前にある、でも尺八にはまだない【方法論】を作り出す可能性を秘めています。


・何より新規のお客様が喜ぶコンサートを提供できる

《演奏家》のレパートリーは多岐にわたり、曲だけではなく演奏者の組み合わせも豊富。ギター×尺八、ピアノ×尺八、ロックバンド×尺八など良い例です。先ほども触れたように、場所にあった音楽を提供できるので、大ホール/ライブハウス/クラブ/町家…どこにいるお客様であろうと、尺八の音色を聞いてもらえます。

そして純邦楽の曲は10分前後がほとんど。あなたは、初めて和楽器を聞いてくれる方に「長い」という印象を抱かせたいですか?それとも「面白かった」と思ってもらいたいですか?と聞かれると絶対「面白かった」と思ってもらいたいはずです。

初印象を曲選/アレンジで操作し、新規のお客様が喜ぶコンサート内容に仕上げるのも《演奏家》の仕事だと思っています。


2、様々な尺八を使いこなす《演奏家》

曲によって使い分けるため、1尺8寸管だけで何本も持っている方もいらっしゃいます。私も1尺8寸管は古典用と現代曲用の2本です。

また、【尺八がやってこなかった曲】に挑戦すると、従来の尺八では追いつかない曲に当たることが多々あります。そこを解決してくれる7孔尺八や、メタル尺八の泉州尺八工房さん、3D尺八を提供する邦星堂さんなどの【新しい尺八】は演奏家にとってなくてはならない存在。

加えて、邦楽以外の曲をやろうとするとどうしても色々な長さの尺八を揃えなくてはいけません。こうして《演奏家》は様々な尺八を使いこなすことになります。


3、《演奏家》はオールジャンル対応指導?!

多くの曲を経験し、様々な尺八を使いこなす《演奏家》は生徒さんが吹きたい曲にほぼほぼ対応できると思います。古典であれば技法を、現代曲では音楽も交えて、JAZZをやりたいのであればアドリブの吹き方、ロックをやりたいのであればおすすめのマイクなども、もう色々です。

代わりに《演奏家》がそうして来たように、教えてもらったことを自分で咀嚼して/選択して/決める必要があります。例えば、無限大に存在する古典の技法の入れ方の組み合わせを、先生に教えてもらったことを元に自分で決める、ということです。

「これが正解だよ」と提示されないと不安で仕方がない方には、ちょっと頼りなく思われるかもしれませんね笑

それでも、オールジャンルに対応できる《演奏家》の指導も貴重です。なんなら《再現家》《演奏家》両方に教えてもらえたら最高なのですけれど(^O^)/


終わりに

本日は《演奏家》は【自分で良いと思った演奏を突き詰める】【新しい尺八の可能性を切り拓く】【オールジャンル対応で指導できる】というお話しをしました。

繰り返しますが、どちらが正しいかなんてこともありません。「あなたは再現家だー!!」「演奏家は古典はやらねー!!」などと子供じみた決めつけをする気もありません。

両方が手を取り合わないとこのまま和楽器は絶滅危惧種になる
と私は思っています。

この文章が【棲み分け】【役割分担】【共存体制】…なんでも良いですが、なにか和楽器の助けになったら幸いです。


明日は何を書こうかな?


京都の尺八奏者ー元永泰輔


尺八小論TOPへ↓