脱力シリーズ #2

2021年07月02日

昨日に引き続き《脱力シリーズ》です✨
今回は実際に脱力に結びつく練習や感覚を紹介しようと思います(^O^)/

  1. 尺八が顎に当たってる場所
  2. 首振りに使われている首周辺の力

こちら2点、いってみましょー🎵

脱力シリーズ #2
脱力シリーズ #2

1、尺八が顎に当たってる場所

何を知るにも「両極端をやってみる」というのが実に重要(カイジの利根川の声で

痛くないくらいでいいので、一度思いっきり尺八を顎に押し当ててみましょう ✨そうすると

  • 音程がめちゃくちゃ低くなる
  • 元々音程が低いのでメリがやりづらい
  • 唇の開き方が歪む
  • 右手の親指にも負担がかかる

こういった問題点が発生すると思います。それでは逆に【尺八が顎に触れているか触れていないか本当にギリギリ】くらいの感覚で構えてみてください。そうすると

  • 音程が爆上がりする
  • 元々音程が高いのでカリがやりづらい(スッカスカになる)
  • 思いっきり前へ前へと口周辺を持っていかないと音が鳴らない
  • 右手の親指から支え感が無くなって不安になる

今度はこのような問題が出てきます。要するに【思いっきり尺八を顎に押し当てた時】と【尺八が顎に触れているか触れていないか本当にギリギリ】の2点の間に脱力の限界があるわけです。

私の感覚だと【触れているか触れていないか本当にギリギリ】寄りの中間地点が安定感もあって、メリカリもやりやすい気がします。そのあたりはお好みでどうぞ💐

なんなら曲中に必要であれば2点を行き来するのもありです。



2、首振りに使われている首周辺の力

こちらは柔らかければ柔らかいほど、稼働範囲が広ければ広いほど有利です。ここが固定されすぎてると都合が悪いことばかり、なイメージ。

そして首周辺の稼働範囲を広くする運動をすると、自然と1の尺八が顎に当たってる場所に加わってる力もいい感じになります🌱


【首ぐるぐる運動】

1、尺八を構えずに首をぐるぐるしてみる

2、尺八を構えて、尺八が顎から離れないようにぐるぐるしてみる

3、音を出しながら、音が途切れないようにぐるぐるしてみる


2と3は最初はゆっくり、慣れてきたら構えていない時と同じくらいのスピードでぐるぐるです。意外と尺八を構えていると、首周辺の稼働範囲が狭まってるのにも気づけると思いますヽ(^o^)



終わりに

今回は脱力のために

  • 思いっきり押し当ててみる&触れてるか触れていないか 両方試して良い加減を知る
  • 首ぐるぐる運動

こちら2点をご紹介しました✨

明日はブログ定休日💐 また火曜日にお会いしましょう(^O^)


京都の尺八奏者ー元永泰輔(Motoshakku)


尺八小論TOPへ↓